【確定申告】マイナンバーカードのマイナポイントとは?

今回、2020年9月から始まる総務省の「マイナポイント」について少し調べました。

マイナポイントは、2019年10月に施行された消費税10%による景気落ち込み対策の一つです。

景気対策の流れは、次のようになります。

  • 2019年10月「キャッシュレス還元事業」開始、2020年6月終了
  • 2019年10月「プレミアム付商品券」開始、2020年3月終了
  • 2020年7月「東京オリンピック2020」開始、2020年8月終了※
  • 2020年9月「マイナポイント」開始、2021年3月終了(予定)

※わたしは、東京オリンピック2020も景気対策の一つと考えています。(^_^)

スポンサードリンク

1.マイナポイントとは

マイナポイントは、キャッシュレス決済サービス(決済サービス)を提供するキャッシュレス決済事業者(決済事業者)が付与するポイント等の総称です。

マイナポイントの付与を受ける場合、マイキープラットフォーム上で普段利用している決済サービス(1つ)を選択(マイナポイントの申込)すると、当該決済サービスの利用(チャージまたは購入)時に買い物等に利用できるポイント等が付与されます。すなわち、マイナンバーカードを持っている人が活用できるポイント還元制度です。

マイナンバーカードの普及率が低いので、その改善策の狙いもあります。

プレミアム率はチャージ額または購入額の25%で、上限は5,000円相当です

まだ対象のャッシュレス決済サービス(決済サービス)が決定していませんが、WAON、Suica、楽天ペイやLINEペイなど多くの決済サービスが検討中のようです。

2.マイナポイントの事前準備

マイナポイントの付与は、マイナンバーカード所有者が対象です。

マイナポイントに興味のある方は、早めに準備が必要になります。頑張ってください。(^_^)

マイナンバーカードの申請・取得

マイナンバーカードを持っていない方は、総務省のマイナンバーカード総合サイトからマイナンバーカードの申請を行います。

マイナンバーカードの取得は、交付申請をしてから1ヶ月程度掛かります。

3.マイキーIDの設定方法

マイキーIDとは

マイキーIDとは、マイナンバーカードのICチップの中の電子証明書を活用して、マイキープラットホーム専用サイトで作成するIDです。

マイキーの設定方法

パソコンの場合は、マイナンバーカード(利用者証明用パスワード(数字4桁))とICカードリーダーが必要になります。

ICカードリーダは公的個人認証サービス対応のものが必要です。

そして、マイキープラットホーム専用サイトでマイキーIDの発行をします。

スマートフォンの場合は、マイナンバーカード(利用者証明用パスワード(数字4桁))とアプリのインストールが必要になります。

スマートフォンはマイナンバーカードに対応したNFC機能付きのものが必要です。

そして、アプリでマイキーIDの発行をします。

やはり、マイナンバー関係の手続きは、一般向けではないですね。(^_^)

4.マイナポイントの利用

マイナポイントの申込

マイキーIDを取得後、お好きなキャッシュレス決済サービスを1つ選んで、マイナポイントの申込を行います。

申込は、2020年7月からです。

マイナポイントの利用

マイナポイントの利用方法には、QRコード決済(ペエペイ、LINEペイなど)とICカード(WAON、Suicaなど)があります。

QRコードの場合は、買い物時、利用金額に応じてポイントが付与されます。

ICカードの場合は、チャージ時、プレミアム分のポイントが付与されます。

マイナポイントの利用開始は、2020年9月からです。

 

では、また!

【関連記事】

【確定申告】e-Taxによる確定申告(まとめ)
最近、税務署から下記メール(一部抜粋)がきました。 税務署からのお知らせ【還付金の処理状況に関するお知らせ】 e-Taxをご利用いただきありがとうございます。 ご提出された還付申告の処理状況について、ご連絡します。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました