新型コロナ対策のため、3つの密(密閉・密集・密接)を避けましょう!詳細はこちら

【IPO証券会社】IPOとSMBC日興証券

今回は、IPOの取扱数の多い五大証券のSMBC日興証券について調べてみました。

参考)五大証券とは;

スポンサードリンク

1.特徴

SMBC日興証券の主な特徴は下記になります。

  • 五大証券の1つである
  • IPO引受数2位(2019年の引受数:61社/86社中)
  • IPO主幹事引受数2位(2019年の主幹事引受数:20社)
  • IPO抽選に外れても、ステージ別抽選(IPO優遇特典)で再抽選
  • IPO抽選は平等抽選
  • 口座数が多い(2019年:約345万口座)

次に抽選について説明します。

2.抽選について

SMBC日興証券の抽選は、下記2段階方式になっています。

  • IPO抽選(平等抽選)
  • IPOステージ別抽選(IPO優遇特典)

IPO抽選(平等抽選)

SMBC日興証券のIPO抽選は、平等抽選です。

平等抽選は、1口座に1口の抽選件が与えられます。
すなわち、申込株数が多い少ないに関係なく、当選確率が平等です

申込時、申込株数の買付余力の確認が行われますので、事前に入金が必要になります。
もし買付余力が不足していた場合は、申込が出来ません。

抽選の割合について、少し調べてみました。

日本証券業協会の「新規公開に際して行う株券の個人顧客への配分状況」のSMBC日興証券のデータから、新規公開株の個人のお客様への配分は約15%でした。(総合コースの店頭窓口が残り約85%です。)

SMBC日興証券の「ステージ別抽選の概要」では、その個人のお客様への配分:約15%の約10%をIPO抽選約5%をIPOステージ別抽選に割り当てています。

項目抽選の割合備考
新規公開株の個人のお客様への配分約15%ダイレクトコース
(内訳)
例)レオクラン
引受単元数:2,621
IPO抽選単元数:286(10.9%)
IPOステージ別抽選単元数:143(5.5%)
 IPO抽選(平等抽選)約10%
 IPOステージ別抽選(IPO優遇特典)約5%
その他(抽選によらない配分)約85%総合口座の店頭窓口

次にIPOステージ別抽選(IPO優遇特典)について説明します。

IPOステージ別抽選(IPO優遇特典)

SMBC日興証券では、ダイレクトコースのお客さまのお預り資産残高に応じて4つのステージを設定しています。

「お預り資産残高」、「信用取引建玉金額」の直近3ヶ月の月末平均残高により、毎月、ステージが判定されます。

  • ブロンズ(1票):お預り資産残高または信用取引建玉金額:250万円以上※
  • シルバー(5票):お預り資産残高または信用取引建玉金額:1,000万円以上
  • ゴールド(15票):お預り資産残高または信用取引建玉金額:3,000万円以上
  • プラチナ(25票):お預り資産残高または信用取引建玉金額:5,000万円以上

※新規口座開設時、3ヶ月間はブロンズが適用されます。その期間に資産を多く預けると上位のステージに移行できます

IPOステージ別抽選(IPO優遇特典)は、IPO抽選後に行われ、落選したIPOステージ別抽選の方が対象になります。

わたしは、IPOを本格的に始めて半年になりますが、まだ、IPOステージ別抽選で当選したことがありません。狭き門ですね。(^_^)

3.手数料について

SMBC日興証券の手数料は下記になります。

約定金額ダイレクトコース
一注文の約定手数料
(税込)
~10万円137円
~20万円198円
~30万円275円
~50万円440円
~100万円880円
~200万円1,650円
~300万円2,200円
~400万円
3,300円
~500万円
~1,000万円4,950円
~2,000万円9,900円
~3,000万円16,500円
~5,000万円
27,500円
5,000万円超

SMBC日興証券は、IPO主幹事引受数2位で引受株数が多いので、IPO投資には重要な口座だと思います。また、資金に余裕のある方はIPOステージ別抽選(IPO優遇特典)で当選率アップを図ると良いかもしれません。

では、また!

SMBC日興証券 オンライントレード

コメント

タイトルとURLをコピーしました