新型コロナ対策のため、3つの密(密閉・密集・密接)を避けましょう!詳細はこちら

【IPO証券会社】IPOとマネックス証券

日本の証券会社は多く、個々の証券会社に特徴があります。

このサイトでは、IPO(新規公開株)をメインに取り扱っており、個々の証券会社のIPOに関する特徴を調べています。

今回は、マネックス証券について説明します。

参考)わたしが参加したIPOで、主幹事をした証券会社、事前入金不要の証券会社以外の証券会社;

スポンサードリンク

1.特徴

マネックス証券の主な特徴は下記になります。

  • IPO引受数(2019年の引受数:45社/86社中)
  • IPO主幹事引受数(2019年の主幹事引受数:0社)
  • IPO抽選は完全抽選(平等抽選)
  • 口座数(2019年:約183万口座)

次に抽選について説明します。

2.抽選について

マネックス証券の抽選は、下記1段階方式になっています。

残念ながら、大和証券のような2段階方式ではありません。

  • 完全抽選(平等抽選)

IPO完全抽選(平等抽選)

完全抽選(平等抽選)は、1口座に1口の抽選件が与えられます。
コンピューターで無作為に抽選を実施しています。

申込株数が多い少ないに関係なく、当選確率が平等です

抽選の割合について、少し調べてみました。

日本証券業協会の「新規公開に際して行う株券の個人顧客への配分状況」のマネックス証券のデータから、新規公開株の個人のお客様への配分は100%でした。(素晴らしいですね。)

項目抽選の割合備考
新規公開株の個人のお客様への配分100%例)ワシントンホテル
 引受単元数:163
  IPO抽選単元数:163(100%)
HENNGE
 引受単元数:58
  IPO抽選単元数:58(100%)

わたしは、当選確率を上げるため、毎回、応募していますが、まだ、当選していません。
残念です。(^_^)

3.手数料について

マネックス証券の現物取引の手数料は下記になります。

1注文の約定金額手数料
~10万円以下100円
10万円~20万円以下180円
20万円~30万円以下250円
30万円~40万円以下350円
40万円~50万円以下450円
50万円~100万円以下(成行注文)1,000円
(指値注文)1,500円
100万円~(成行注文)約定金額の0.1%
(指値注文)約定金額の0.15%
1日の約定金額合計取引手数料
300万円まで1日何回取引しても
2,500円
600万円まで1日何回取引しても
5,000円
以降、300万円増えるごとに2,500円ずつ増加

では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました