【IPO証券会社】IPOとみずほ証券

今回は、引き続きIPOの取扱数の多い五大証券のみずほ証券について調べてみました。

参考)五大証券とは;

スポンサードリンク

1.特徴

みずほ証券の主な特徴は下記になります。

  • 五大証券の1つである
  • IPO引受数3位(2019年の引受数:54社/86社中)
  • IPO主幹事引受数4位(2019年の主幹事引受数:13社)
  • IPO抽選は平等抽選
  • 口座数が多い(2019年:約170万口座)

次に抽選について説明します。

2.抽選について

みずほ証券の抽選は、下記1段階方式になっています。

残念ながら、2段階方式ではありません。

  • IPO抽選(平等抽選)

 

IPO抽選(平等抽選)

みずほ証券のIPO抽選は、平等抽選です。

平等抽選は、1口座に1口の抽選件が与えられます。

抽選は銘柄ごとに、厳正かつ公平に機械的な方法(乱数を付して自動抽選)により行います。
すなわち、申込株数が多い少ないに関係なく、当選確率が平等です

申込時、買付余力の確認がありますので、事前に入金が必要になります。

 

抽選の割合について、少し調べてみました。

日本証券業協会の「新規公開に際して行う株券の個人顧客への配分状況」のみずほ証券のデータから、新規公開株の個人のお客様への配分は約10%でした。(残りは店頭窓口です。)

みずほ証券の「募集等に係る株券等のお客さまへの配分に関する基本方針」によると次のように規定されています。

  • 当社が配分する数量のうち、個人のお客さまへの配分予定数量の10%以上を当該抽選に付すことといたします。
項目抽選の割合備考
新規公開株の個人のお客様への配分約10%以上例)セルソース:
引受単元数:3,592
IPO抽選単元数:390(10.8%)
その他(抽選によらない配分)約90%店頭窓口

わたしは、本格的にIPOを始めて半年ですが、残念ながら、みずほ証券から当選の栄誉を獲得していません。(T-T)

 

3.手数料について

みずほ証券の手数料は下記になります。

約定金額(通常プラン)インターネット取引
(税込)
~100万円約定代金×0.34650%
※301,904円以下の約定代金
最低手数料 1,045円
100万円~300万円約定代金×0.26400%+825円
300万円~500万円約定代金×0.24750%+1,320円
500万円~1,000万円約定代金×0.20790%+3,300円
1,000万円~3,000万円約定代金×0.16830%+7,260円
3,000万円~5,000万円約定代金×0.07590%+34,980円
5,000万円~1億円約定代金×0.00330%+71,280円
1億円~5億円一律 84,480円
5億円~10億円一律 94,380円
約定金額(1日定額プラン)取引(税込)
~100万円3,850円
100万円~200万円6,600円
200万円~300万円9,350円
300万円~500万円12,100円
500万円~1,000万円15,400円
1,000万円~5,000万円1,000万円超1,500万円以下は17,600円 以降500万円ごとに2,200円加算
5,000万円~1億円5,000万円超6,000万円以下は36,300円 以降1,000万円ごとに3,300円加算
1億円~5億円53,350円
5億円~5億円超10億円以下は57,200円 以降5億円ごとに3,850円加算

 

みずほ証券は、IPO主幹事引受数4位で引受株数が多いので、IPO投資には重要な口座だと思います。

 

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました