【IPO新規】ゼネテック (4492)の初値予想とBBスタンスについて

 

ゼネテック (4492)の新規上場が決まりました。

わたしの初値予想とBBスタンスについて述べたいと思います。

 

スポンサードリンク

事業内容

ゼネテック (4492)は、当社及び子会社1社により構成されています。

 

主な事業内容は、下記になります。

  • 【システム受託開発事業】カーエレクトロニクス全般、デジタル情報家電、半導体製造装置分野などの組込みシステムに係るソフトウェア開発およびハードウェア開発
  • 【エンジニアリングソリューション事業】「製造業向け3次元CAD/CAMソリューション」「ロボットティーチングシステム」「工場・物流・マテハン3Dシミュレーションシステム」について、輸入販売、導入・技術支援、サポート、教育・研修などのソリューションサービス事業
  • 【その他事業】緊急地震速報の受信と同時に、事前に合意登録されている家族の最新の居場所が自動配信され、お互いの安否が把握できるスマートフォン用防災アプリである、災害時位置情報自動通知システム「ココダヨ」を提供

 

[事業系統図]

事業系統図

 

初値予想

ゼネテック (4492)の上場における初値予想について下記します。

  • テーマ的には、システム受託開発、エンジニアリングソリューションの提供と言うことで、人気は普通
  • 事業的には、普通
  • 公開株数は、普通
  • 「日本インシュレーション」と「関通」と同時上場(三社)

3社同時上場は気になりますが、公募割れの可能性はないと判断します。

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンスは、下記になります。

  • 全力申込

 

独自評価と上場スケジュール

会社名ゼネテック
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:システム受託開発、エンジニアリング
ソリューションの提供等)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):○
 経常利益(10% 以上):○
 当期純利益(10% 以上):○
 自己資本比率(40%以上):○
 自己資本利益率(10% 以上):○
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要
■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分JASDAQ
事業の内容組込みソフトウェア及びハードウェアのシステム受託開発、
製造業を中心とするエンジニアリングソリューションの提供
業種別分類・コード情報・通信業・4492
公募株数312,000
売出株数129,300
OA株数66,100
当選本数(売買単位:100株)5,074本
仮条件決定日2020 年2 月28 日
BB期間2020 年3 月3 日から3 月9 日まで
公開価格決定日(当選日)2020 年3 月10 日
申込期間2020 年3 月11 日から3 月16 日まで
上場日2020 年3 月19 日
主幹事証券みずほ証券
幹事証券岡三証券
いちよし証券
SBI証
マネックス証券
追)岡三オンライン証券

 

事業規模

想定価格1,700円
上場時発行済み株式総数1,920,000株
想定時価総額32.6億円
吸収金額8.6億円
案件規模小型案件

 

企業業績

企業業績

 

ただ今、ブログ・ランキングに参加中!よろしければ。m(__)m
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました