【IPO新規】ウイルテック(7087)の初値予想とBBスタンスについて

ウイルテック(7087)の新規上場が決まりました。

事業内容は、製造請負・製造派遣事業、機電系・建設系技術者派遣事業、受託製造事業等に関する事業です。

[事業系統図]

事業系統図

 

スポンサードリンク

気になる点

ウイルテック(7087)は、主に採用・定着コストの増加により、営業利益(-5.5%)・当期純利益(-13.0)が減少しています。

売上は下記要因で増加していますが、いつまで続くか気になるところです。

  • 主要取引先の電子部品関連分野のIoT・AIなどの需要拡大
  • 建設関連分野の東京オリンピックによる全国的な工事量の増加

 

また、事業内容が製造総合サービスですので、人気が出にくいと思います。

 

BBの参加スタンス

現時点では、営業利益と当期純利益の減少が気になりますが、BBスタンスは、全力申込みです

ただ、仮条件の様子を見て、見直しをするかもしれません。(^_^)

 

【更新日:2020/02/18】

仮条件がでました。

想定価格:1,280円より下振れし、仮条件:1,000~1,200円。

BBスタンスを、「全力申込」から「SBI証券のIPOチャレンジポイント確保」に変更します。

【IPO証券会社】IPOとSBI証券
今回は、IPOの取扱数一番のSBI証券について調べてみました。 IPO抽選に参加する上で、一番気になるのが公募割れです。 公募割れのリスクがある場合、参加しないのが一番良いのですが、多くのIPO投資家はSBI証券に最...

 

会社名ウイルテック
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度○→△
人気度
(事業内容:製造総合サービス等)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):○
 営業利益(10% 以上):△(-5.5%)
 当期純利益(10% 以上):△(-13.0%)
 自己資本比率(40%以上):○
 自己資本利益率(10% 以上):○
 株価収益率(10% 以下):ー
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要
■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分東証2部
事業の内容製造請負・製造派遣事業、機電系・建設系技術者派遣事業、受託製造事業
業種別分類・コードサービス業・7087
公募株数888,500
売出株数900,000
OA株数268,100
当選本数(売買単位:100株)20,566本
想定価格1,280円
仮条件決定日2020 年 2 月 18 日
仮条件
BB期間2020 年 2 月 19 日から 2 月 26 日まで
公開価格決定日(当選日)2020 年 2 月 27 日
公開株価
申込期間2020 年 2 月 28 日から 3 月 4 日まで
上場日2020 年 3 月 6 日
初値
初値上昇率
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券SBI証券
野村證券
大和証券
みずほ証券㈱
岩井コスモ証券

 

事業規模

 

想定価格1,280円
上場時発行済み株式総数6,058,500株
想定時価総額77.5億円
吸収金額26.3億円
案件規模小型案件

 

企業業績

 

企業業績

 

 

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました