【IPO新規】タスキ (2987)の初値予想とBBスタンスについて

タスキ (2987)の新規上場が決まりました。

わたしの初値予想BBスタンスについて紹介します。

スポンサードリンク

事業内容(概要)

タスキ (2987)は、「タスキで世界をつなぐ~革新的なイノベーションで社会のハブになる~」を企業理念に掲げ、ライフプラットフォーマーとして暮らしの住まいを提供するLiveMana事業と、主にLiveMana事業における取引先等が課題としている人財不足の課題解決策として従業員向けの福利厚生サービスとなるFinTechを活用した給与前払いプラットフォームを提供するDayPay事業を展開しています。

  • 【LiveMana事業】東京23区を中心に企画力・デザイン力を活かし、富裕層の最大の悩みである相続税対策・資産継承を解決する1棟の新築投資用IoTレジデンスの開発・販売とソリューションを提供
  • 【DayPay事業】FinTechを活用した企業の従業員向け福利厚生のアウトソーシングサービスです。主にKiveMana事業における取引先棟が課題としている人材不足の課題解決策として従業員に向けた福利厚生の充実を目的としたサービスとして、クラウド型の給与の日払い、週払い等の給与前払いを可能とするサービスプラットフォーム「タスキDayPay」を提供

[主な事業系統図]
事業系統図

初値予想

タスキ (2987)の上場において、気になる点は下記になります。

  • テーマ的には、「新築投資用IoT レジデンスの企画、開発、販売及びコンサルティング」で普通
  • 業績は、普通
  • 公開株数は、良い(少なめ)

コロナの影響が気になりますが、IPO人気を考慮して、公募割れの可能性は少ないと判断します。

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンス;

  • 全力申込み

独自評価

新規上場会社名タスキ
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:新築投資用IoT レジデンスの企画
、開発、販売及びコンサルティング等)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):○
 経常利益(10% 以上):△
 当期純利益(10% 以上):○
 自己資本比率(40%以上):△
 自己資本利益率(10% 以上):○
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要

上場スケジュール

■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分マザーズ
事業の内容新築投資用IoT レジデンスの企画、開発、販売
及びコンサルティング等
業種別分類・コード不動産業・2987
公募株数300,000株
売出株数0株
OA株数45,000株
当選本数(売買単位:100株)3,450本
仮条件決定日9/10
BB期間9/14~9/18
公開価格決定日(当選日)9/23
申込期間9/25~9/30
上場日10/2
主幹事証券SBI証券
幹事証券藍澤證券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券㈱
岡三証券
極東証券
東洋証券
むさし証券
水戸証券

事業規模

想定価格630円
上場時発行済み株式総数5,300,000株
想定時価総額33.4億円
吸収金額2.2億円
案件規模小型案件

企業業績

企業業績

IPO(新規公開株)の2020年のスケジュール、状況と結果が分かるように、IPOスケジュールにまとめました。

では、また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました