【IPO新規】ティアンドエス (4055)の初値予想とBBスタンスについて

ティアンドエス(4055)の新規上場が決まりました。

わたしの初値予想BBスタンスについて紹介します。

スポンサードリンク

事業内容(概要)

ティアンドエス(4055)は、システム開発及びその関連サービスの単一セグメントですが、事業の構成を「相対的に安定したベースロード的な利益体質の事業基盤:ソリューションカテゴリー」と「半導体工場内システムの運用・保守を支援する安定分野:半導体カテゴリー」及び「高度なソフトウエア技術により新市場を創出する成長分野:先進技術ソリューションカテゴリー」の3つのカテゴリーによる構造としています。

主なカテゴリーは、下記になります・

  • 【ソリューションカテゴリー】ソリューションカテゴリーは、大手企業顧客向けの請負(開発・運用保守)を中心としています。現在は、大手企業グループを中心に事業を展開しており、その経験と実績をもとに他の大手企業や中堅企業への事業開拓
  • 【半導体カテゴリー】半導体カテゴリーは工場内システムの保守運用サービスやITヘルプデスク等工場のITインフラストラクチャー運用支援全般を担当
  • 【先進技術ソリューションカテゴリー】先進技術ソリューションカテゴリーは、高度なソフトウエア開発力を武器に、急成長が見込まれる産業領域(AI、画像処理・認識・機械学習、ロボット、自動運転、ソフトウエア高速化等)にターゲットを置くもので、当社事業の急成長を狙う事業

[主な事業系統図]
事業系統図

初値予想

ティアンドエス(4055)の上場において、気になる点は下記になります。

  • テーマ的には、「ソフトウエア開発」で人気のあるAIを含み良い
  • 業績は、普通
  • 公開株数は、少なめ

コロナの影響が気になりますが、先週のIPO人気を考慮して、公募割れの可能性は少ないと判断します。

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンス;

  • 全力申込み

独自評価

新規上場会社名ティアンドエス
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:ソフトウエア開発)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):△
 経常利益(10% 以上):○
 当期純利益(10% 以上):○
 自己資本比率(40%以上):○
 自己資本利益率(10% 以上):○
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要

上場スケジュール

■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分マザーズ
事業の内容大手企業及び半導体工場向けシステム開発・
運用保守・インフラ構築、AI 関連の
ソフトウエア開発
業種別分類・コード情報・通信業・4055
公募株数170,000株
売出株数77,000株
OA株数30,000株
当選本数(売買単位:100株)2,770本
仮条件決定日7/17
BB期間7/20~7/28
公開価格決定日(当選日)7/29
申込期間7/30~8/4
上場日8/7
主幹事証券いちよし証券
幹事証券野村證券
SBI証券
極東証券
東洋証券
マネックス証券
岡三証券
楽天証券

事業規模

想定価格2,650円
上場時発行済み株式総数1,750,700株
想定時価総額46.4億円
吸収金額7.3億円
案件規模小型案件

企業業績

企業業績
IPO(新規公開株)の2020年のスケジュール、状況と結果が分かるように、IPOスケジュールにまとめました。

では、また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました