新型コロナ対策のため、3つの密(密閉・密集・密接)を避けましょう!詳細はこちら

【IPO新規】Sun Asterisk(4053)の初値予想とBBスタンスについて

Sun Asterisk(4053)の新規上場が決まりました。

わたしの初値予想BBスタンスについて紹介します。

スポンサードリンク

事業内容(概要)

Sun Asterisk(4053)は、クライアントのデジタルトランスフォーメーションや新規事業開発の支援を、「クリエイティブ&エンジニアリング」と、「タレントプラットフォーム」という2つのサービスラインで実行し、さらに各サービスラインの中で顧客の課題やニーズに合わせたサービスを提供しています。

主なサービスは、下記になります・

  • 【クリエイティブ&エンジニアリング】デザイン思考とリーンスタートアップのアプローチによる課題抽出、事業アイデアの創出、MVP開発、サービスの価値検証を支援
  • 【タレントプラットフォーム】デジタライゼーションを促進するタレントの育成と就職の支援をするサービス

[主な事業系統図]
事業系統図

初値予想

Sun Asterisk(4053)の上場において、気になる点は下記になります。

  • テーマ的には、「エンジニアサービス、人材サービス」で普通
  • 業績的には、売上が伸びているが、利益が気になるところ
  • 公開株数は、多い

コロナの影響が気になりますが、先週のIPO人気を考慮して、公募割れの可能性は少ないと判断します。

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンス;

  • 全力申込み

独自評価

新規上場会社名Sun Asterisk
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:デジタル・クリエイティブスタジオ事業)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):○
 経常利益(10% 以上):△
 当期純利益(10% 以上):△
 自己資本比率(40%以上):○
 自己資本利益率(10% 以上):△
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要

上場スケジュール

■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分マザーズ
事業の内容産業のデジタライゼーションを推進するデジタル
・クリエイティブスタジオ事業
業種別分類・コード情報・通信業・4053
公募株数2,050,000株
売出株数2,150,000株
OA株数630,000株
当選本数(売買単位:100株)48,300本
仮条件決定日7/13
BB期間7/14~7/20
公開価格決定日(当選日)7/21
申込期間7/22~7/29
上場日7/31
主幹事証券大和証券
幹事証券SMBC日興証券
みずほ証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
東海東京証券
岡三証券

事業規模

想定価格630円
上場時発行済み株式総数36,210,000株
想定時価総額228.1億円
吸収金額30.4億円
案件規模小型案件

企業業績

企業業績

 

IPO(新規公開株)の2020年のスケジュール、状況と結果が分かるように、IPOスケジュールにまとめました。

では、また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました