【IPO新規】サイバーセキュリティクラウド(4493)の初値予想とBBスタンスについて

サイバーセキュリティ クラウド(4493)の新規上場が決まりました。

わたしの初値予想BBスタンスについて、述べたいと思います。

スポンサードリンク

事業内容

サイバーセキュリティ クラウド(4493)は、、クラウド型WAF「攻撃遮断くん」及び、AWS WAFのルール自動運用サービス「WafCharm」を軸とした、Webセキュリティ事業を展開しています。

主なサービスは下記になります。

  • 【クラウド型WAF「攻撃遮断くん」】Webアプリケーションに対するサイバー攻撃を検知・遮断・可視化する、クラウド型のセキュリティ・サービス(導入社数・サイト数で国内1位)
  • 【AWS WAFのルール自動運用サービス「WafCharm」】AWSの提供するAWS WAFを利用するお客様に対して、「攻撃遮断くん」で培ったWebアプリケーションに対する攻撃パターンをAIによって学習し、AWS WAFのルールを自動運用するサービス
  • 【AWS WAFのManaged Rules】セキュリティ専門のベンダーが独自に作成する厳選されたAWS WAFのセキュリティルールセット

[事業系統図]

事業系統図

初値予想

サイバーセキュリティ クラウド(4493)の上場において、業績的にはようやく赤字を脱出した企業になりますが、下記点で、初値高騰の予感がします

  • テーマが「サイバーセキュリティ」「AI(人工知能)」で、高騰しやすい
  • 公開株数が非常に少なく:70,000株(700本)ため、上場日に初値高騰が予想される

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンスは、下記になります。(まったく当たる気がしません(^_^))

  • 全力申込み

主幹事がSBI証券なので、IPOチャレンジポイントの使用も考慮する必要あるかもしれません。

わたしが、IPOを本格的に始めて半年ですので、超人気IPOに当選できるほど、ポイントを保有していません。

残念(T-T)。

人気度当選予想ポイント
超人気IPO300~500ポイント
人気IPO250~400ポイント
普通IPO200~300ポイント
https://reiwa-ipo.com/archives/13/

独自評価

新規上場会社名サイバーセキュリティクラウド
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:AI 技術を活用したサイバー
セキュリティサービスの開発・提供)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):○
 経常利益(10% 以上):△(赤字)
 当期純利益(10% 以上):○(赤字)
 自己資本比率(40%以上):△(19.52)
 自己資本利益率(10% 以上):-
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要

上場スケジュール

■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分マザーズ
事業の内容AI 技術を活用したサイバーセキュリティ
サービスの開発・提供
業種別分類・コード情報・通信業・4493
公募株数70,000株
売出株数0株
OA株数0株
当選本数(売買単位:100株)700本
仮条件決定日3/6
BB期間3/10~3/16
公開価格決定日(当選日)3/17
申込期間3/18~3/24
上場日3/26
主幹事証券SBI証券
幹事証券大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
あかつき証券
岩井コスモ証券
エース証券
岡三証券
香川証券
楽天証券

事業規模

想定価格4,010円
上場時発行済み株式総数2,305,000株
想定時価総額92.4億円
吸収金額2.8億円
案件規模小型案件

企業業績

企業業績

 

IPO(新規公開株)の2020年のスケジュール、状況と結果が分かるように、下記IPOスケジュールにまとめました。
IPOスケジュール
IPO(新規公開株)の2020年のスケジュール、状況と結果が分かるように一覧表にまとめました。 11/25、「オンデック(7360)」追加 BB期間 [当選日] 銘柄名 (コード) 上場市場 (主幹事...

コメント

タイトルとURLをコピーしました