【IPO新規:再上場】ロコガイド (4497)の初値予想とBBスタンスについて

ロコガイド (4497)の新規上場(再上場)が決まりました。

わたしの初値予想BBスタンスについて説明します。

スポンサードリンク

事業内容

ロコガイド (4497)は、主たる事業であるチラシ・買い物情報サービス「トクバイ」で、折込チラシを中心とした日々の買い物情報をパソコンやスマートフォンで簡単に閲覧できる仕組みを創り、ユーザーの利便性を高め、また小売企業などの顧客の経営の効率化を支援する事業を展開しています。

主なサービスは下記になります。

  • 【トクバイ】PCやスマートフォンなどのインターネットを通じて、小売企業のチラシや買い物情報をユーザーへ提供するサービス
  • 【ロコナビ】PCやスマートフォンなどのインターネットを通じて、地域のよりみちスポットやイベント情報をユーザーへ提供するサービス
  • 【トクバイニュース】インターネットを通じて主に食品や日用品に関わる情報を配信する記事サービス
  • 【トクバイみんなのカフェ】くらしに関連したユーザー投稿型のインターネット掲示板サービス

[事業系統図]

事業系統図

初値予想

ロコガイド (4497)の上場における初値予想について下記します。

  • テーマ的には、チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」の運営と言うことで、人気は普通
  • 事業的には、特に問題なし?(2020年3月決算は未確認:コロナの影響が気になります)
  • 公開株数は、少し多め
  • 「フィーチャ(4052)」と同時上場

ロコガイドの顧客対象が、コロナの影響が大きい小売企業なので、売上等にリスクありと判断公募割れの可能性ありとしました。

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンス;

  • 様子見で、『仮条件』で判断

【更新日:2020/06/04】

仮条件がでました。

想定価格:1,800円
仮条件 :1,800~2,000円

想定価格から見ると、仮条件の価格は想定の範囲内と考え、判定を維持。

BBスタンスは、リスクを考慮して「SBI証券のIPOチャレンジポイント確保」とします。

【IPO証券会社】IPOとSBI証券
今回は、IPOの取扱数一番のSBI証券について調べてみました。 IPO抽選に参加する上で、一番気になるのが公募割れです。 公募割れのリスクがある場合、参加しないのが一番良いのですが、多くのIPO投資家はSBI証券に最...

独自評価

新規上場会社名ロコガイド
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:チラシ・買い物情報サービス)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):○
 経常利益(10% 以上):○
 自己資本比率(40%以上):○
 自己資本利益率(10% 以上):○
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要

上場スケジュール

■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分マザーズ
事業の内容チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」の運営
業種別分類・コード情報・通信業・4497
公募株数2,346,700株
売出株数0株
OA株数244,000株
当選本数(売買単位:100株)25,907本
仮条件決定日6/4
BB期間6/8~6/12
公開価格決定日(当選日)6/15
申込期間6/16~6/19
上場日6/24
主幹事証券みずほ証券
幹事証券クレディ・スイス証券
SBI証券
野村證券
大和証券
マネックス証券
楽天証券
三田証券

事業規模

想定価格1,800円
上場時発行済み株式総数9,386,700株
想定時価総額169.0億円
吸収金額46.6億円
案件規模小型案件

企業業績

企業業績

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました