【IPO新規】リグア(7090)の初値予想とBBスタンスについて

リグア(7090)の新規上場が決まりました。

 

事業内容は、主に下記になります。

  • 柔道整復術の施術所である接骨院・整骨院に対して、経営・運営における様々な問題(売上の減少、資金難、経営戦略不足、教育制度の未整備等)に対するソリューションを提供する接骨院ソリューション事業
  • 保険代理店や金融商品仲介業を行う金融サービス事業

[事業系統図]

事業系統図

 

スポンサードリンク

初値予想

リグア(7090)の上場における初値予想を下記します。

  • テーマ的には、接骨院ソリューション事業・金融サービス業と言うことで、人気はでにくい
  • 事業的には、売上は伸びているようだが、利益が出ていない
  • 公開株数は普通
  • 「フォースタートアップス(7089)」、「木村工機(6231)」と同時上場(3社)

利益が出ていないリグアは、3社同時上場の影響を受け、公募割れの可能性があると判断します。

 

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンスは、下記になります。

  • 様子見で、『仮条件』で判断

 

【更新日:2020/02/26】

仮条件がでました。

想定価格:1,850円
仮条件 :1,850~1,950円

想定価格から見ると、仮条件の価格は想定の範囲内と考え、判定を維持。

BBスタンスは、リスクを考慮して「SBI証券のIPOチャレンジポイント確保」とします。

【IPO証券会社】IPOとSBI証券
今回は、IPOの取扱数一番のSBI証券について調べてみました。 IPO抽選に参加する上で、一番気になるのが公募割れです。 公募割れのリスクがある場合、参加しないのが一番良いのですが、多くのIPO投資家はSBI証券に最...

 

独自評価

 

会社名リグア(7090)
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:接骨院ソリューション事業・金融サービス業等)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):○
 経常利益(10% 以上):△(-59.9%)
 当期純利益(10% 以上):△(-51.7%)
 自己資本比率(40%以上):△(17.6%)
 自己資本利益率(10% 以上):○
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要
■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分マザーズ
事業の内容接骨院などの経営支援を行う接骨院ソリューション事業、
保険代理店や金融商品仲介業を行う金融サービス事業
業種別分類・コードサービス業・7090
公募株数275,000
売出株数25,000
OA株数45,000
当選本数(売買単位:100株)3,450本
仮条件決定日2020年2月26日
BB期間2020年2月27日から3月4日まで
公開価格決定日(当選日)2020年3月5日
申込期間2020年3月6日から3月11日まで
上場日2020年3月13日
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券SBI証券
エース証券

 

事業規模

 

想定価格1,850円
上場時発行済み株式総数1,286,900株
想定時価総額2,380,765,000円
吸収金額638,250,000円
案件規模小型案件

 

企業業績

企業業績

 

 

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました