【IPO新規】日本インシュレー ション(5368)の初値予想とBBスタンスについて

日本インシュレー ション(5368)の新規上場が決まりました。

わたしの初値予想BBスタンスについて述べたいと思います。

スポンサードリンク

事業内容

日本インシュレー ション(5368)は、当社及び連結子会社(ジェイ アイ シー ベトナム有限会社)の計2社で構成されています。

主な事業内容は、建築関連、プラント関連の工事、国内外での製品等の販売を主としています。

セグメント

[事業系統図]

事業系統図

初値予想

日本インシュレー ション(5368)の上場における初値予想について下記します。

  • テーマ的には、耐火・断熱材料の製造・販売・施工と言うことで、人気は微妙
  • 事業的には、伸びが期待できない
  • 公開株数は普通
  • 「ゼネテック」と「関通」と同時上場(三社)

業績の伸びが期待できない日本インシュレー ション(5368)は、3社同時上場の影響を受け、公募割れの可能性があると判断します。

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンスは、下記になります。

  • 様子見で、『仮条件』で判断

【更新日:2020/03/02】

仮条件がでました。

想定価格:920円
仮条件 :920~940円

想定価格から見ると、仮条件の価格は想定の範囲内と考え、判定を維持。

BBスタンスは、リスクを考慮して「SBI証券のIPOチャレンジポイント確保」とします。

【IPO証券会社】IPOとSBI証券
今回は、IPOの取扱数一番のSBI証券について調べてみました。 IPO抽選に参加する上で、一番気になるのが公募割れです。 公募割れのリスクがある場合、参加しないのが一番良いのですが、多くのIPO投資家はSBI証券に最...

独自評価と上場スケジュール

会社名日本インシュレーション
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:耐火・断熱材料の製造・販売・施工等)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):△(2.6%)
 経常利益(10% 以上):△(-9.1%)
 当期純利益(10% 以上):△(-34.2%)
 自己資本比率(40%以上):○
 自己資本利益率(10% 以上):○
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要
■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分東証2部
事業の内容耐火性能を有するゾノトライト系けい酸カルシウムを基材と
する耐火・断熱材料の製造・販売・施工及びその他周辺工事の
施工
業種別分類・コードガラス・土石製品・5368
公募株数1,050,000
売出株数0
OA株数157,500
当選本数(売買単位:100株)12,075本
仮条件決定日2020 年3 月2 日
BB期間2020 年3 月4 日から3 月10 日まで
公開価格決定日(当選日)2020 年3 月11 日
申込期間2020 年3 月12 日から3 月17 日まで
上場日2020 年3 月19 日
主幹事証券大和証券
幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
岩井コスモ証券
追)auカブコム証券

事業規模

想定価格920円
上場時発行済み株式総数8,707,200株
想定時価総額80.1億円
吸収金額11.1億円
案件規模小型案件

 

企業業績

企業業績

 

ただ今、ブログ・ランキングに参加中!よろしければ。m(__)m
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました