【IPO新規】日本情報クリエイト (4054)の初値予想とBBスタンスについて

日本情報クリエイト (4054)の新規上場が決まりました。

わたしの初値予想BBスタンスについて紹介します。

スポンサードリンク

事業内容(概要)

日本情報クリエイト (4054)は、「テクノロジーで不動産領域に革新的プラットフォームを想像する」を中期ビジョンとして掲げ、不動産業界に特化したIT活用のソリューション企業として、不動産業の業務支援となる製品・サービスを開発し、日本全国の不動産会社にを提供しています。

主なサービスは、下記になります・

  • 【仲介ソリューション】不動産の仲介事業者に「業者間物件物流サービス」「仲介事業支援サービス」を提供し、仲介業務支援ではこれまで対面が常識であった物件探しから入居申込み、重要事項までの一連の手続きをすべて非対面で行える「非対面仲介サービス」を提供
  • 【管理ソリューション】不動産の管理事業者に「管理業務支援サービス」「消費者支援サービス」を提供。管理業務支援の代表的な製品・サービスは「賃貸革命」であり、消費者支援の代表的な製品・サービスは「くらさぽコネクト」

[主な事業系統図]
事業系統図

初値予想

日本情報クリエイト (4054)の上場において、気になる点は下記になります。

  • テーマ的には、「不動産業者向けソフトウエア・サービスの提供」で普通
  • 業績は、特に問題ない
  • 公開株数は、普通

非対面サービスと言うことでコロナ時代に適しているので、公募割れの可能性は少ないと判断します。

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンス;

  • 全力申込み

独自評価

新規上場会社名日本情報クリエイト
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:ソフトウエア・サービスの提供)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):○
 経常利益(10% 以上):○
 当期純利益(10% 以上):○
 自己資本比率(40%以上):○
 自己資本利益率(10% 以上):○
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要

上場スケジュール

■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分マザーズ
事業の内容不動産業者向けソフトウエア・サービスの提供
業種別分類・コード情報・通信業・4054
公募株数800,000株
売出株数690,000株
OA株数223,500株
当選本数(売買単位:100株)17,135本
仮条件決定日7/10
BB期間7/13~7/17
公開価格決定日(当選日)7/20
申込期間7/21~7/28
上場日7/31
主幹事証券野村證券
幹事証券大和証券
岡三証券
SBI証券
エース証券
楽天証券
岩井コスモ証券
極東証券

事業規模

想定価格1,090円
上場時発行済み株式総数6,683,720株
想定時価総額72.9億円
吸収金額18.7億円
案件規模小型案件

企業業績

企業業績

IPO(新規公開株)の2020年のスケジュール、状況と結果が分かるように、IPOスケジュールにまとめました。

では、また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました