【IPO新規】ミアヘルサ(7688)の初値予想とBBスタンスについて

ミアヘルサ(7688)の新規上場が決まりました。

 

ミアヘルサ(7688)は、医薬事業本部、介護事業本部、保育事業本部、食品事業本部で構成されており、各事業本部の事業内容は次のとおりです。

医薬事業本部

医療分野における医薬事業として調剤薬局を営んでおります。「日生薬局」という屋号の下で、東京都を中心とした首都圏で41店舗を運営しております。出店形態としては、大型総合病院前の門前型調剤薬局を中心としながら、医療モール等へも出店しており、地域に密着した調剤薬局を展開しています。

[事業系統図]

事業系統図1

 

介護事業本部

東京都・埼玉県・千葉県内において、介護保険法、老人福祉法、高齢者の居住の安定確保に関する法律に基づく各種介護サービスを提供しています。

[事業系統図]

事業系統図2

 

保育事業本部

東京都内において認可保育所を15園、認証保育所を1園、院内保育所(運営受託)を1園、神奈川県内において認可保育所を3園、千葉県内において認可保育所を3園運営しています。

[事業系統図]

事業系統図3

 

食品事業本部

食品事業本部においては、足立区・葛飾区の公立小中学校約170校に対する給食用食材、及び同区内の保育園・介護施設、その他一般飲食店等に対する食材の卸売業をしています。

[事業系統図]

事業系統図4

 

スポンサードリンク

初値予想

ミアヘルサ(7688)の上場における初値予想について下記します。

  • テーマ的には、調剤薬局、保育園、介護事業所の運営と言うことで、人気は普通
  • 事業的には、売上の伸び無い
  • 公開株数は普通
  • 「リビングプラットフォーム(7091)」、「ドラフト(5070)」と同時上場(3社)

売上の伸びが無いミアヘルサ(7688)は、3社同時上場の影響を受け、公募割れの可能性があると判断します。

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンスは、下記になります。

  • 様子見で、『仮条件』で判断

 

【更新日:2020/02/26】

仮条件がでました。

想定価格:2,330円
仮条件 :2,030~2,330円

想定価格から見ると、仮条件の価格は想定の範囲内と考え、判定を維持。

BBスタンスは、リスクを考慮して「SBI証券のIPOチャレンジポイント確保」とします。

【IPO証券会社】IPOとSBI証券
今回は、IPOの取扱数一番のSBI証券について調べてみました。 IPO抽選に参加する上で、一番気になるのが公募割れです。 公募割れのリスクがある場合、参加しないのが一番良いのですが、多くのIPO投資家はSBI証券に最...

 

独自評価

会社名ミアヘルサ
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:調剤薬局、保育園、介護事業所の運営等)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):△(-1.7%)
 経常利益(10% 以上):△(-40.7%)
 当期純利益(10% 以上):○
 自己資本比率(40%以上):△(16.6%)
 自己資本利益率(10% 以上):○
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要
■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分JASDAQ
事業の内容調剤薬局、保育園、介護事業所の運営
業種別分類・コード小売業・7688
公募株数300,000
売出株数300,000
OA株数90,000
当選本数(売買単位:100株)6,900本
仮条件決定日2020 年 2 月 26 日
BB期間2020 年 2 月 28 日から 3 月 5 日まで
公開価格決定日(当選日)2020 年 3 月 6 日
申込期間2020 年 3 月 9 日から 3 月 12 日まで
上場日2020 年 3 月 17 日
主幹事証券みずほ証券
幹事証券SMBC日興証券
大和証券
SBI証券
マネックス証券

 

事業規模

想定価格2,330円
上場時発行済み株式総数2,240,000株
想定時価総額52.2億円
吸収金額16.1億円
案件規模小型案件

 

企業業績

回次第31期第32期第33期第34期第35期
決算年月2015年3月2016年3月2017年3月2018年3月2019年3月
売上高(千円)13,463,80815,324,01315,629,39916,406,63416,134,543
経常利益又は経常損失

(△)

(千円)△382,017△25,37143,633373,708221,619
当期純利益又は当期純損失(△)(千円)△92,25151,49839,734308,305339,765
持分法を適用した場合の投資利益(千円)
資本金(千円)97,00097,00097,00097,00097,000
発行済株式総数(株)1,940194,000194,000194,000194,000
純資産額(千円)632,172682,792722,5971,030,9191,370,676
総資産額(千円)8,432,9608,960,0107,658,7698,175,6008,256,536
1株当たり純資産額(円)325,726.863,515.783,720.96531.02706.16
1株当たり配当額

(1株当たり中間配当額)

(円)

(-)

(-)

(-)

(-)

(-)

1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)(円)△47,552.55265.46204.82158.92175.14
潜在株式調整後

1株当たり当期純利益

(円)
自己資本比率(%)7.57.69.412.616.6
自己資本利益率(%)△13.57.85.735.228.3
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業活動によるキャッシュ・フロー(千円)995,351△95,041
投資活動によるキャッシュ・フロー(千円)△178,701△206,503
財務活動によるキャッシュ・フロー(千円)△230,91592,808
現金及び現金同等物の期末残高(千円)1,395,9841,187,247
従業員数

〔外、平均臨時雇用者数〕

(名)553

〔566〕

631

〔765〕

706

〔795〕

765

〔823〕

836

〔680〕

 

第35期事業年度

介護事業・保育事業の増益及び医薬事業の減益により、売上高16,134百万円(前年同期比1.7%減)、営業利益217百万円(前年同期比42.6%減)、経常利益221百万円(前年同期比40.7%減)となりましたが、特別利益に計上された保育園開設に伴う設備補助金が前年同期比で増加したことに加え、特別損失に計上された減損損失が前年同期比で減少したことで、税引前当期純利益は増加し、当期純利益339百万円(前年同期比10.2%増)となりました。

 

 

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました