【IPO新規】KIYOラーニング (7353)の初値予想とBBスタンスについて

KIYOラーニング (7353)の新規上場が決まりました。

わたしの初値予想BBスタンスについて紹介します。

スポンサードリンク

事業内容(概要)

KIYOラーニング (7353)は、ITを用いて、個人や企業での学習を効率化するクラウドサービスを展開しています。主に個人向けのオンライン資格講座である「スタディング」事業、法人向けの社員教育クラウドサービスである「エアコース」事業を提供しています。

主なサービスは、下記になります・

  • 【スタディング】「学びやすく、わかりやすく、続けやすい」をコンセプトとしたオンライン資格講座です。スマートフォンやタブレット、PC等で受講でき、分かりやすい動画講座や問題練習によって、忙しい人でも「すきま時間」を使って資格取得のための学習ができる
  • 【エアコース】各種の社員教育コースが受け放題で受講でき、自社独自の教育コースも簡単に作成・配信できます。また、エアコースはクラウドサービスであり、オフィス内だけでなく、在宅、営業所、店舗、外出先、移動中、海外拠点など離れていてもスマートフォンさえあればどこでもコースを受講することが可能

[主な事業系統図]
事業系統図

初値予想

KIYOラーニング (7353)の上場において、気になる点は下記になります。

  • テーマ的には、「教育クラウドサービスの提供」と言うことで、普通
  • 業績は、売上が伸びているが、広告宣伝費の先行投入等による営業損失が気になる
  • 公開株数は、普通

教育クラウドサービスと言うことで、コロナの外出自粛の考えがプラスに影響し、公募割れの可能性は少ないと判断します。

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンス;

  • 全力申込み

独自評価

新規上場会社名KIYOラーニング
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:教育クラウドサービスの提供)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):○
 経常利益(10% 以上):△
 当期純利益(10% 以上):○
 自己資本比率(40%以上):△
 自己資本利益率(10% 以上):-
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要

上場スケジュール

■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分マザーズ
事業の内容個人向けオンライン資格講座及び法人向け
社員教育クラウドサービスの提供
業種別分類・コードサービス業・7353
公募株数300,000株
売出株数40,200株
OA株数51,000株
当選本数(売買単位:100株)3,912本
仮条件決定日6/29
BB期間6/30~7/6
公開価格決定日(当選日)7/7
申込期間7/8~7/13
上場日7/15
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
楽天証券

事業規模

想定価格1,980円
上場時発行済み株式総数2,145,000株
想定時価総額42.5億円
吸収金額7.7億円
案件規模小型案件

企業業績

企業業績

IPO(新規公開株)の2020年のスケジュール、状況と結果が分かるように、IPOスケジュールにまとめました。

では、また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました