新型コロナ対策のため、3つの密(密閉・密集・密接)を避けましょう!詳細はこちら

【IPO新規】関通 (9326)の初値予想とBBスタンスについて

 

関通 (9326)の新規上場が決まりました。

 

関通 (9326)は、主にEコマース及び通信販売事業を展開するお客様の販売商品の入庫、在庫管理及び出庫等の配送センター業務を代行するEC・通販物流支援サービスを主たるサービスとして物流サービス事業を展開しています。

 

主な事業は、次の通りです。

  • EC・通販物流支援サービス
  • 受注管理業務代行サービス
  • ソフトウェア販売・利用サービス
  • 物流コンサルティングサービス
  • 楽天スーパーロジスティクスサービス
  • 外国人技能実習生教育サービス
  • その他の教育サービス

 

[物流サービスの事業系統図]

事業系統図1

 

[その他の事業の事業系統図]

事業系統図2

 

スポンサードリンク

初値予想

関通 (9326)の上場における初値予想について下記します。

  • テーマ的には、EC・通販物流支援サービスと言うことで、人気は普通
  • 事業的には、特に問題なし
  • 公開株数は、普通
  • 「ゼネテック」と「日本インシュレーション」と同時上場(三社)

3社同時上場は気になりますが、公募割れの可能性はないと判断します。

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンスは、下記になります。

  • 全力申込み

 

独自評価

会社名関通
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:EC・通販物流支援サービス等)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):○
 経常利益(10% 以上):△(-25.5%)
 当期純利益(10% 以上):○
 自己資本比率(40%以上):△(8.76%)
 自己資本利益率(10% 以上):○
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要
■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分マザーズ
事業の内容主に E コマースを展開する顧客の配送センター業務を
代行する「EC・通販物流支援サービス」等
業種別分類・コード倉庫・運輸関連業・9326
公募株数600,000
売出株数250,000
OA株数127,500
当選本数(売買単位:100株)9,775本
仮条件決定日2020年2月28日
BB期間2020年3月3日から3月9日まで
公開価格決定日(当選日)2020年3月10日
申込期間2020年3月11日から3月16日まで
上場日
主幹事証券みずほ証券
幹事証券SBI証券
SMBC日興証券
エース証券
マネックス証券
岡三証券
極東証券
岩井コスモ証券
むさし証券
追)岡三オンライン証券

 

事業規模

想定価格470円
上場時発行済み株式総数2,875,000株
想定時価総額13.5億円
吸収金額4.6億円
案件規模小型案件

 

企業業績

企業業績

第33期事業年度

当事業年度の売上高は6,468,296千円(前事業年度比23.1%増)、営業利益は主に物流サービス事業に拡大により売上原価が前事業年度に比べ24.4%増加し、またコーポレート・ガバナンス及び内部統制の強化等により販売費及び一般管理費が前事業年度に比べ25.4%増加したこと等により、126,774千円(前事業年度比21.1%減)となり、経常利益は103,944千円(前事業年度比25.5%減)、当期純利益は旧通販物流センターの土地建物売却等に伴う固定資産売却益48,803千円を計上したこと等により、78,583千円(前事業年度比40.4%増)となりました。

 

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました