【IPO新規】クリーマ (4017)の初値予想とBBスタンスについて

クリーマ (4017)の新規上場が決まりました。

わたしの初値予想BBスタンスについて紹介します。

スポンサードリンク

事業内容(概要)

クリーマ (4017)は、当社及び海外子会社1社で構成されており、クリエイターエンパワーメント事業の単一セグメントでの事業運営を営んでいます。

  • 【マーケットプレイスサービス】「Creema」はオンライン上で個人が直接、オリジナルのハンドメイド作品を売買できるCtoCマーケットプレイスであり、当社の中心的なサービス
  • 【プラットフォームサービス】「Creema」のプラットフォームを活用し、出店クリエイター・企業・地方公共団体のマーケティング支援等を行うプラットフォームサービスも提供
  • 【イベント・ストアサービス】クリエイター作品の販路として、ハンドメイドマーケットプレイス(オンライン)の提供だけでなく、直接クリエイターとユーザーとをリアルの世界で結びつけるクラフトイベントやエディトリアルショップ(常設店舗)も積極的に展開
  • 【クラウドファンディングサービス】「Creema」にご登録いただいているクリエイターをはじめ、クリエイターが「新しいブランドをつくりたい」「工房・アトリエを作りたい」「海外で個展を開催したい」など様々なアイディアや夢、想いをかたちにするプロジェクトを発信し、その想いに共感する支援者(ユーザー)からプロジェクト実現のための資金を募ることができる場を提供

[事業系統図]
事業系統図

初値予想

クリーマ (4017)の上場において、気になる点は下記になります。

  • テーマ的には、「ハンドメイドマーケットプレイス「Creema」の運営、及びクリエイターのエンパワーメントを目的とする各種サービスの提供」で普通
  • 業績は、普通
  • 公開株数は、普通

売出株数が多いことが気になりますが、最近のIPO人気を考慮して、公募割れの可能性は少ないと判断します。

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンス;

  • 全力申込み

独自評価

新規上場会社名クリーマ
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:ハンドメイドマーケットプレイス
「Creema」の運営、及びクリエイターのエン
パワーメントを目的とする各種サービスの
提供)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):○
 経常利益(10% 以上):△
 当期純利益(10% 以上):○
 自己資本比率(40%以上):△
 自己資本利益率(10% 以上):-
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要

上場スケジュール

■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分マザーズ
事業の内容ハンドメイドマーケットプレイス「Creema」
の運営、及びクリエイターのエンパワーメント
を目的とする各種サービスの提供
業種別分類・コード情報・通信業・4017
公募株数113,000株
売出株数1,559,700株
OA株数167,200株
当選本数(売買単位:100株)18,399本
仮条件決定日11/9
BB期間11/11~11/17
公開価格決定日(当選日)11/18
申込期間11/19~11/25
上場日11/27
主幹事証券SBI証券
幹事証券大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
エース証券
岩井コスモ証券
岡三証券
丸三証券
水戸証券

事業規模

想定価格3,250円
上場時発行済み株式総数6,089,000株
想定時価総額197.9億円
吸収金額59.8億円
案件規模小型案件

企業業績

企業業績

IPO(新規公開株)の2020年のスケジュール、状況と結果が分かるように、IPOスケジュールにまとめました。

では、また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました