【IPO新規】ビザスク(4490)の初値予想とBBスタンスについて

 

ビザスク(4490)の新規上場が決まりました。

わたしの初値予想BBスタンスについて、述べたいと思います。

 

スポンサードリンク

事業内容

ビザスク(4490)は、従来は暗黙知とされ、共有が難しかったひとりひとりの貴重なビジネス知見をデータベース化し、テクノロジーの力と高度なオペレーション・ノウハウを組み合わせることで、各業界・業務の実務経験を有し、現役世代からフリーランス・企業OB等多様なバックグラウンドを持つアドバイザーを顧客にマッチングする、ナレッジシェアのプラットフォーム(知見プラットフォーム)を提供しています。

主なサービスは下記になります。

  • 【ビザスクinterview】顧客のニーズに応じて、ビジネス知見を有するアドバイザーと顧客をマッチングし、1時間単位の電話や対面でのインタビューを設営するサービス
  • 【ビザスクexpert survey】インタビュー形式ではなくオンライン・アンケート形式で、多数のアドバイザーの知見を一度に収集することをサポートするサービス
  • 【ビザスク業務委託】1時間単位のインタビューではなく、より長期的にアドバイザーが知見を提供する、業務委託形式のマッチング・サービス
  • 【ビザスクproject】顧客企業の新規事業社内提案制度において、当社のデータベースに登録するアドバイザーへのスポットコンサルやサーベイ「ビザスクexpert survey」をプロジェクトに組みこむことで、プロジェクト型で総合支援を行うサービス

[事業系統図]

事業系統図

初値予想

ビザスク(4490)の上場において、気になる点は下記になります。

  • テーマ的には、「ビジネス知見を有するアドバイザーと顧客をマッチングを提供するコンサルタント」サービスで、人気はありそうです
  • 業績としては、黒字化し、大きな問題は少ない
  • 公募株数に比べ売出株数が多いので、人気が微妙
  • 当選本数(32,696本)が多いため、初値上昇は期待できない

上記ことを考慮すると、公募割れの可能性は少ない判断します。

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンスは、下記になります。

  • 全力申込み

ただし、仮条件の様子を見てます。

 

【2020/02/20】

仮条件がでました。

想定価格:2,100円より大幅に下振れし、仮条件:1,300~1,500円。

公募割れの可能性ありと判断し、
BBスタンスを「全力申込み」から「SBI証券のIPOチャレンジポイント確保」に変更します。

【IPO証券会社】IPOとSBI証券
今回は、IPOの取扱数一番のSBI証券について調べてみました。 IPO抽選に参加する上で、一番気になるのが公募割れです。 公募割れのリスクがある場合、参加しないのが一番良いのですが、多くのIPO投資家はSBI証券に最...

 

独自評価

会社名ビザスク
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度○→△
人気度
(事業内容:コンサルティング等)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):○
 営業利益(10% 以上):○
 当期純利益(10% 以上):○
 自己資本比率(40%以上):△(9.6)
 自己資本利益率(10% 以上):○
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要

上場スケジュール

■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分マザーズ
事業の内容ビジネス分野に特化したナレッジシェアリングプラット
フォームの運営
業種別分類・コード情報・通信業・4490
公募株数500,000
売出株数2,343,200
OA株数426,400
当選本数(売買単位:100株)32,696本
想定価格2,100円
仮条件決定日2020 年 2 月 19 日
BB期間2020 年 2 月 20 日から 2 月 27 日まで
公開価格決定日(当選日)2020 年 2 月 28 日
申込期間2020 年 3 月 2 日から 3 月 5 日まで
上場日2020 年 3 月 10 日
主幹事証券みずほ証券
幹事証券大和証券
SMBC日興証券
野村證券
東海東京証券
SBI証券
マネックス証券

事業規模

想定価格2,100円
上場時発行済み株式総数8,185,000株
想定時価総額171.9億円
吸収金額68.7億円
案件規模小型案件

企業業績

企業業績

 

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました