【IPO新規】ビーイングホール ディングス(9145)の初値予想とBBスタンスについて

ビーイングホール ディングス(9145)の新規上場が決まりました。

わたしの初値予想BBスタンスについて紹介します。

スポンサードリンク

事業内容(概要)

ビーイングホール ディングス(9145)は、当社及び連結子会社11社で構成されており、顧客のロジスティクスを企画・提案して、自社及び顧客の物流センターの輸送・保管・包装・荷役・流通加工・情報システムの構築を一貫して推進する3PL事業を主軸に、同業他社に3PL事業をプロデュースしてサプライチェーン全体を管理する4PL事業を、グループで連携を図り展開しています。

  • 【物流事業】主に物流センターの運営(構内業務・配送業務)及びコンサルティング業務等
  • 【その他】旅客事業(タクシー、バス)、不動産業、システム開発、保険代理業、自動車整備業、燃料販売業等

[事業系統図]
事業系統図

初値予想

ビーイングホール ディングス(9145)の上場において、気になる点は下記になります。

  • テーマ的には、「生活物資に特化した物流事業」で普通
  • 業績は、普通
  • 公開株数は、普通

売上に新型コロナの影響がでているが、最近のIPO人気を考慮して、公募割れの可能性は少ないと判断します。

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンス;

  • 全力申込み

独自評価

新規上場会社名ビーイングホール ディングス
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:生活物資に特化した物流事業)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):△
 経常利益(10% 以上):○
 当期純利益(10% 以上):○
 自己資本比率(40%以上):△
 自己資本利益率(10% 以上):○
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要

上場スケジュール

■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分東証2部
事業の内容生活物資に特化した物流事業(主に自社及び
顧客の物流センターの輸送・保管・包装・荷役
・流通加工・情報システムの構築を一貫して手
掛ける3PL事業、物流コンサルティング)、
その他(旅客事業等)
業種別分類・コード陸運業・9145
公募株数1,160,000株
売出株数346,000株
OA株数225,900株
当選本数(売買単位:100株)17,319本
仮条件決定日11/25
BB期間11/27~12/3
公開価格決定日(当選日)12/4
申込期間12/7~12/10
上場日12/15
主幹事証券野村證券
幹事証券今村証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
SBI証券

事業規模

想定価格910円
上場時発行済み株式総数5,675,000株
想定時価総額51.6億円
吸収金額15.8億円
案件規模小型案件

企業業績

企業業績

IPO(新規公開株)の2020年のスケジュール、状況と結果が分かるように、IPOスケジュールにまとめました。

では、また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました