【IPO新規】【上場中止】バリオセキュア (4494)の初値予想とBBスタンスについて

【更新日:2020/03/18】上場中止

 

バリオセキュア (4494)の新規上場が決まりました。

わたしの初値予想BBスタンスについて、述べたいと思います。

スポンサードリンク

事業内容

バリオセキュア (4494)は、インターネットに関するセキュリティサービスを提供する企業として、インターネットからの攻撃や内部ネットワークへの侵入行為、またウィルスの感染やデータの盗用といった各種の脅威から企業のネットワークを守り、安全にインターネットを利用することができるようにする総合的なネットワークセキュリティサービスを提供しています。

主なサービスは下記になります。

  • 【マネージドセキュリティサービス】VSRを利用した統合型インターネットセキュリティサービスとデータのバックアップサービス(VDaP)
  • 【インテグレーションサービス】中小企業向け統合セキュリティ機器(UTM)であるVCR(Vario Communicate Router)の販売とネットワーク機器の調達や構築を行うネットワークインテグレーションサービス

[主な事業系統図]

事業系統図

 

初値予想

バリオセキュア (4494)の上場において、気になる点は下記になります。

  • テーマ的には、「インターネットセキュリティサービス」で人気は有りそう
  • 業績の伸びは、あまり期待できない
  • 公募株数:0株、売出株数:3,128,400株、IPO投資家向けと言うよりは、既存株主の利益確定?
  • 当選本数(31,284本)が多いため、初値上昇は期待できない
  • 「ニッソウ」、「NexTone」と同時上場(三社)

上記ことを考慮すると、公募割れの可能性がります。

BBの参加スタンス

現時点でのBBスタンスは、下記になります。

  • 様子見で、『仮条件』で判断

【更新日:2020/03/09】

仮条件がでました。

想定価格:2,080円
仮条件 :1,600~1,700円

想定価格から見ると、仮条件の価格は大幅な下振れで、判定を維持。

BBスタンスは、リスクを考慮して「SBI証券のIPOチャレンジポイント確保」とします。

【IPO証券会社】IPOとSBI証券
今回は、IPOの取扱数一番のSBI証券について調べてみました。 IPO抽選に参加する上で、一番気になるのが公募割れです。 公募割れのリスクがある場合、参加しないのが一番良いのですが、多くのIPO投資家はSBI証券に最...

独自評価

新規上場会社名バリオセキュア
独自評価(◎大、○:普通、△:リスク)
初値期待度
人気度
(事業内容:インターネットセキュリティサービス事業)
業績
評価項目:
 売上高(10% 以上):△(3.3%)
 経常利益(10% 以上):△(-12.6%)
 当期純利益(10% 以上):△(-14.6%)
 自己資本比率(40%以上):△(38.85%)
 自己資本利益率(10% 以上):○
当選枚数
基準:
 普通(~20,000本):○※
 多い(20,001本~):△
 ※売出株数の影響を考慮要

 

上場スケジュール

■JPX:新規上場会社情報より引用
市場区分東証2部
事業の内容ネットワークセキュリティ機器と独自監視
システムによる運用、監視、サポートサービス
の提供。ネットワークセキュリティ機器販売、
ならびにネットワーク機器の調達、構築による
インテグレーションサービスの提供
業種別分類・コード情報・通信業・4494
公募株数0株
売出株数2,720,400株
OA株数408,000株
当選本数(売買単位:100株)31,284本
仮条件決定日3/9
BB期間3/11~3/17
公開価格決定日(当選日)3/18
申込期間3/19~3/25
上場日3/30
主幹事証券野村證券
幹事証券SMBC日興証券
大和証券

いちよし証券
みずほ証券
岡三証券
岩井コスモ証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
追)岡三オンライン証券

 

事業規模

想定価格2,080円
上場時発行済み株式総数3,726,600株
想定時価総額77.5億円
吸収金額65.1億円
案件規模小型案件

 

企業業績

企業業績

 

ただ今、ブログ・ランキングに参加中!よろしければ。m(__)m
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました